FC2ブログ
午前中は、久しぶりにランニング。

約8kmをゆっくり走りました。

午後は総合文化ホール「アルテピア」で開催された「福祉と医療を考える市民の集い」に参加。
「福祉と医療を考える市民の集い」の様子
(上の写真は「福祉と医療を考える市民の集い」の様子)

子育て支援や脳卒中の予防、高齢者の骨折についてなど地域包括ケアシステム実現に向けては、何をすべきか?市内の病院の医師の方々からお話を伺いました。

とても勉強になるセミナーでした。
午前中は、視察の資料作り。

午後は、第2回「安来市地域支援会議~地域包括システムにおける在宅医療・介護の連携を考える~」に出席しました。

約170人の参加者で、会場は満席。

基調講演では、鳥取県日南病院の高見徹先生の「地域包括システム構築への戦略」についてお話を聞きました。
日南病院高見先生による基調講演の様子
その後、市の担当課・医師会・ケアマネージャーさんの報告を聞きました。

安来市全体の現状がわかり、非常にためになる会議でした。
けさは日の出とともにランニング。昨日ペイントしてコースの状況を確認しながら、走りました。

昨日の雨でもぜんぜん大丈夫でした。今年は長持ちすると思います。ランニングの途中、後輩が通勤途中の車から声をかけてくれ、元気も出ました。

午前中は、市主催の「地域医療を守り育てる集い」に参加しました。
「地域医療を守り育てる集い」の一場面

現在の島根県と安来市の医療の状況が分かり、大変勉強になりました。また中学生の医療現場体験報告を聞き、今の中学生は将来を見据え、しっかりしているなと感心しました。

最後にDrコトー診療所の作者の漫画家山田貴敏先生の講演があり、Drコトーのモデルになった先生の話をしながら、楽しく講演していただきました。

安来市も医師や看護師不足があり課題は山積しています。そして医師の高齢化も進み、10年後には非常に深刻な状況になることも予想されます。今までにまして、将来を見据えた医療対策をしていかなくてはならないことを痛感しました。